カテゴリ:キタテハ( 1 )


2007年 10月 24日

キタテハ

草原にハッカの花が咲いています。
木から落ちたような枯れ葉が引っかかっているようです。
d0103699_18431777.jpg


これは秋型のキタテハが羽を畳んで吸蜜しているのです。

秋に羽化したキタテハは夏のものと比べて羽の縁が深く切れ込み、ぎざぎざに見えます。
羽がぼろぼろになった個体にも見えます。

夏型に比べてより枯れ葉に似ているのは、この蝶が成虫の姿で越冬することに関係があるに違いありません。
日が差して翅を広げると・・・・
d0103699_1844407.jpg



この蝶の幼虫はあのとげとげのカナムグラを食草とします。
タテハチョウの常としてその姿はグロテスクなどげだらけの毒毒しいものですが決して刺したりはしないのです。

夏型のキタテハの写真をcoraltreeさんからいただきました。これを見ると夏型は翅の切れ込みやぎざぎざが少なく、色も淡いのが分かります。
coraltreeさんありがとうございます。

d0103699_2118519.jpg

[PR]

by neontetran | 2007-10-24 18:44 | キタテハ