カテゴリ:草木( 36 )


2008年 04月 16日

ムラサキハナナ

ムラサキハナナは観賞用に近年広く栽培されるようになりました。
こぼれダネで増えて強いので色々な所で増えています。
公園や土手、線路脇や畦と6月頃まで紫の花を楽しませてくれます。

ハナダイコン、ショカッサイ、オオアラセイトウとも呼ばれていますが厳密に同一の品種なのかは確信がないのです。

春のチョウ、ツマキチョウの食草でこの花を見る度にツマキチョウを探すのです。

d0103699_22575390.jpg
d0103699_22581047.jpg

[PR]

by neontetran | 2008-04-16 22:58 | 草木
2007年 09月 29日

レンゲショウマ

高尾山のケーブル駅を降りるとすぐのところに植物園があります。

まだまだ真夏と言って良い8月の中旬、この植物園でレンゲショウマを見ることができました。
蓮華升麻とかくようです。

キンポウゲ科の花、特異な形をしています。

紫から白に変わるグラデーションの美しさがシャッターを切らせます。
d0103699_9255689.jpg
d0103699_9262213.jpg
d0103699_9264481.jpg

[PR]

by neontetran | 2007-09-29 09:26 | 草木
2007年 08月 20日

コバギボウシ

d0103699_17385455.jpg

コバギボウシ 小葉ぎぼうし ぎぼうしは擬宝珠で橋の欄干の柱に使われる飾りのから来ているそうです。
柱のてっぺんに付いている逆水滴型の飾りです。
蕾がその形に似ているような気がします。

d0103699_17442870.jpg

[PR]

by neontetran | 2007-08-20 17:43 | 草木
2007年 07月 25日

ミヤマオダマキ

d0103699_2149650.jpg



深山苧環です。
苧環というのは「小田巻き」という絹糸を巻き取る器具の名前です。

花の後ろに突き出た4本の距を器具の糸を巻きつける部分に見立てた名前です。
本来の小田巻きではこの距の部分に糸が巻き付いていくわけです。

ミヤマオダマキは園芸種となったオダマキの原型となった種で、高山の砂地(礫)に育つ花です。

d0103699_21543251.jpg


ちょっと強すぎるような深い青なのですが、先端の白の存在がこの花を上品に見せていると思うのです。

富士山の赤っぽい礫の上に10株ほどが咲き誇っていました。
[PR]

by neontetran | 2007-07-25 21:52 | 草木
2007年 07月 18日

イチヨウラン

d0103699_20361247.jpg


一葉蘭です。

鳥を追って木の上を見上げる標高2000Mの高山、針葉樹の林床、薄暗い苔むした根元に咲く蘭を見つけました。

地元の人はイチョウランと発音していたので銀杏蘭だと勘違いしました。

d0103699_11482680.jpg




苔以外の植物が育たない日陰にひょろひょろと茎を伸ばしその先に花をつけています。

珍しい野性蘭の常として、場所を詳しく書くと盗掘されてしまう恐れがあります。

「はかない」という言葉がぴったり当てはまる細い蝋燭のような姿でした。
[PR]

by neontetran | 2007-07-18 20:37 | 草木
2007年 06月 27日

アメリカフウロ

d0103699_7414280.jpg
d0103699_742322.jpg

アメリカフウロが実をつけました。

肉眼で見るとなんということもない道端の地味な草です。

それを逆光のマクロで見るとこうなります。
[PR]

by neontetran | 2007-06-27 07:44 | 草木
2007年 06月 20日

チョウジソウ

d0103699_21204968.jpg


丁子草です。湿った場所に咲く夾竹桃科の植物です。

横から見た姿が丁子の形をしているのでこの名がついたと言われます。

いつも行く水生植物園で毎年その花を見せてくれます。
[PR]

by neontetran | 2007-06-20 21:24 | 草木
2007年 06月 13日

キンラン

d0103699_5511155.jpg

キンラン、金蘭です。
薄暗い林の中に金色の花を咲かせています。

地味な林床の上なので、一瞬そのあでやかな色に、何かの包装紙でも落ちているのかと錯覚してしまいます。

実は銀蘭とともに日本にありふれた和蘭だったのですが、しだいにその数を減らして、いまでは珍しい植物になってしまったということです。

この写真のものは道沿いの熊笹の中でみつけたのですが、この一輪のみで他には見つけられませんでした。
[PR]

by neontetran | 2007-06-13 05:58 | 草木
2007年 06月 06日

ヘラオオバコ

d0103699_202296.jpg


ヘラオオバコの魅力に気付いたのは去年です。

公園や土手沿いに普通に咲いているのですが優れた被写体だと、やっと気付きました。

特にマクロ向きというのでしょうか、緑色に滲んだ背景に一際映える白い蕊です。


d0103699_2023340.jpg


バックのトーンを落としてみると感じも変わります。
暗いバックもまた似合うヘラオオバコです。
[PR]

by neontetran | 2007-06-06 20:19 | 草木
2007年 05月 30日

ニワゼキショウ

d0103699_2121298.jpg

庭石菖です。 石菖というのはサトイモの仲間ですが庭石菖はアヤメ科の植物です。
葉が石菖に似ていて庭に生えるのでこの名前になったんだそうです。

石菖は水辺など湿った場所に生えますが、こちらは芝生の中のような乾いた所で育つようです。

アップになっていますが、直径が5mmほどの小さな花です。

蕾がアサガオのような巻いたパラソルに似ているのがかわいいのです。写真なくてごめんなさい。
[PR]

by neontetran | 2007-05-30 21:12 | 草木