自然を撮る 鳥、虫、小動物

neontetran.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 11日

ヤシャブシ (夜叉五倍子)

ヤシャブシは森の開けた、木漏れ日の良く当たる明るい場所で良く見かけます。
根が良く窒素を固定して土壌を豊かにするので「肥料木」としてわざわざ植えられることもあるようです。

上の写真、枝先から垂れ下がっているのが雄花(序)、下の写真が雌花(序)です。

夜叉と呼ばれるのはその実の表面がぶつぶつで醜いからだそうです。
フシは五倍子でキブシのフシと同じですね。

この写真はオオバヤシャブシという種類のようです。

d0103699_2112684.jpg
d0103699_2114277.jpg

[PR]

by neontetran | 2007-04-11 21:02 | 草木


<< コゲラ      オオジュリン >>