2008年 07月 09日

ダイシャクシギ

この写真は春先に撮ったものです。
春一番が吹き荒れる三番瀬。
チュウシャクより二回りも大きいダイシャクシギをみました。

広い干潟には人の姿もありません。
三脚が鳴り、押さえてないと倒れてしまう凄い強風です。
干潟全体がゴーゴーと鳴っています。
d0103699_21593539.jpg


ダイシャク達は風上に顔を向けて前傾の姿勢、目を閉じて飛んでくる砂を防いでいるようです。

d0103699_2203477.jpg

鳥に取っても強風はいやなもののようです。
近づいてもなかなか飛びません。
d0103699_222436.jpg


一羽飛ぼうとして羽を強風に広げます。
d0103699_2231562.jpg

フワリと飛び立ちました。
d0103699_224124.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-07-09 22:04 | ダイシャクシギ
2008年 07月 05日

ウチワヤンマ

池の杭に止まっている大型のトンボ、サナエトンボを見ました。
種名はウチワヤンマです。
腹の第八節にウチワのような突起があるのでこの名前です、
d0103699_19463059.jpg


水面を飛ぶ♀
d0103699_19523967.jpg

次の瞬間に尾を水面に漬けました、産卵です!素早いウチワヤンマの産卵を撮るのは初めてです。
d0103699_19534622.jpg


♂の力強い飛翔
d0103699_19554218.jpg


尾を上げて涼しく休めの姿勢です。

d0103699_21323846.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-07-05 20:01 | ウチワヤンマ
2008年 07月 02日

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ
防波堤の端にたたずんで沖を見ているシャクシギを撮りました。

d0103699_2285083.jpg

シャクシギは嘴が下に曲がっているシギの仲間で
ダイシャク、チュウシャク、コシャクとがいます。
今回は真ん中のチュウシャクシギです。
干潟に降りました。
d0103699_221036.jpg


しばらく泥をつつくとカニを捕まえて飛び立ちました。
d0103699_22111122.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-07-02 22:17 | チュウシャクシギ
2008年 06月 28日

イソヒヨドリ

d0103699_21825.jpg
海岸の岩場に行くとイソヒヨドリが囀っていました。
もっとも目立つ高い岩の上に止まります。
縄張りの宣言でしょうか?雌を呼んでいるのでしょうか?
d0103699_215567.jpg
d0103699_2183071.jpg
d0103699_219196.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-28 21:09 | イソヒヨドリ
2008年 06月 25日

クマバチ

クマバチがホヴァリングをしています。
一箇所でじっとすることなく3m立方くらいの空間を動き回ります。
これはクマバチの雄で縄張りのパトロールの為の行動です。
d0103699_2225082.jpg
d0103699_223336.jpg


羽音も恐ろしげで顔の周りを飛ばれると逃げない人はいません。
しかし、この雄、刺さないということをご存知でしょうか?
刺そうにも針がないのです。
雌も捕まえて握ったりしないかぎり刺すことはありません。
写真は雌です
d0103699_2251513.jpg




雌は一匹だけで枯れ木等に専用の穴を掘りそこに花粉や蜜を溜めて子供を育てるのです。
誤解されがちなクマバチ・・花を愛する心優しい平和主義者なのです。
d0103699_2253283.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-25 22:05 | クマバチ
2008年 06月 21日

カルガモ

あちこちの川や池でカルガモの幼鳥を見ることができます。
必死でお母さんの後を付いていくので前のめりになっています。
d0103699_12174832.jpg
d0103699_12182711.jpg


固まって休んでいます。
d0103699_12204745.jpg

こちらはお母さんの側で日向ぼっこ。
d0103699_12214278.jpg

羽ばたきしましたが・・・おお!羽がありません
d0103699_12343714.jpg


・・・・・・
d0103699_12275671.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-21 12:28 | カルガモ
2008年 06月 18日

キジバト

小さな都市の公園。
クヌギの木の高さ2,5m程の枝にキジバトの巣を見つけました。
手を伸ばすと届きそうな高さです。
d0103699_19181767.jpg

親がいます。
抱卵中かな?と思って300mmレンズで覗くと巣の小枝の影に動く物が・・・・・

d0103699_19195651.jpg


雛がいました
d0103699_1930348.jpg


親に甘えている姿が撮れました。
d0103699_19224222.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-18 19:30 | キジバト
2008年 06月 15日

ツミ

犬の散歩や、ウォーキング、自転車に乗る子供たちがいる普通の都の公園。
こんなところに巣を持って子育てする猛禽がいます。

ツミです。
d0103699_7595629.jpg


都市公園にもシジュウカラ、メジロ、雀といった餌になる小鳥がたくさん棲んでいるのです。
雄は小鳥を捕らえると羽を毟って食べやすい状態にして子供を巣で守っている雌を呼びます。
d0103699_8251626.jpg
d0103699_825288.jpg

雄が渡した獲物を雌が食べ始めましたが。。ちょっと突くと飛んで行ってしましまいます。
d0103699_8293879.jpg

巣に戻った雌は肉を細かく千切って雛に渡します。
d0103699_8331757.jpg

雌が去ると羽を伸ばしてリラックスしていました。
d0103699_8343293.jpg

別の木では雄がくつろいでいました。
でもこの後すぐに次の獲物を探しに行きました。
d0103699_8355570.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-15 08:41 | ツミ
2008年 06月 11日

オオヨシキリ

オオヨシキリが葦原でしきりに鳴いています。
濁ったギョシギョシ!という鳴き声 雄の求愛と縄張り宣言と言われています。

最初はカエルの鳴き声だと思ったのを覚えています。
声はすれども姿が見えないから葦に覆われて見えない水面でカエルが鳴いているのだと思ったわけです。

しかし、オオヨシキリの存在を知ってからは何故姿が見えなかったのだろう?と思うほど目立つ存在です。
そして目立つ鳥の常としてこの鳥も一夫多妻でオスは子育てには参加しません。


d0103699_2232384.jpg

赤い口もまた目立ちます。
d0103699_224184.jpg

風に揺れて、オットットとなりました。足の位置を見てください!
d0103699_2252241.jpg

器用に羽つくろい
d0103699_2255655.jpg

あ!目が合った!
d0103699_2262587.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-11 22:16 | オオヨシキリ
2008年 06月 07日

カタツムリ

雨上がり・・・・・
d0103699_1372759.jpg
d0103699_1373877.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-07 13:08 | カタツムリ
2008年 06月 04日

ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハが産卵を始めています。
食草はウマノスズクサで毒性があるということです。
幼虫が角から出す黄色い液体を試しに舐めてみたのですが舌が曲がるような苦さでした。
これでは鳥も食べる気がしないと思います。

卵を持ったメスは地上50cm程の高さを滑空してウマノスズクサに近づきます。
写真左がウマノスズクサです。
d0103699_21431763.jpg


近くまで来ると匂いでわかるのでしょうか?
羽ばたきのスピードも落ちます。
d0103699_2146970.jpg

やがて決心したようにスズクサに止まると産卵を始めました。
オレンジのビーズのような卵が腹の先にみえます。
d0103699_21463815.jpg

数秒で産卵を終わるとすぐ次の草に移ります。
d0103699_21495451.jpg


別の場所で撮った雄の写真です。
やはり雄は派手です。
d0103699_21504310.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-06-04 21:51 | ジャコウアゲハ
2008年 05月 24日

ツバメ

今年もツバメが帰って来ました。
人通りの多い通りの車庫の天井等に巣を作っています。
d0103699_215875.jpg

電線と写っても自然に見える野鳥です。
電線を遊び、喧嘩、カップリングの場に使っているのですね。
d0103699_223579.jpg
d0103699_2241784.jpg
d0103699_2242627.jpg
d0103699_2243633.jpg

抱卵から子育て、巣立ちが撮れたらまた紹介したいと思います。
[PR]

# by neontetran | 2008-05-24 22:05 | ツバメ
2008年 05月 21日

ヤマガラ

野山にヤマガラののんびりした囀りが響くようになりました。
ツツピーツツピーの繰り返しでシジュウカラがやや早くツツピ!ツツピ!と鳴くのに対しのどかなスローテンポに聞こえます。
シジュウカラ以上に人懐こい小鳥で明治神宮等では人の手から餌を取ると聞きました。

草の実を押さえています。
d0103699_21235023.jpg

地面に降りて何かを覗き込んでいます。
d0103699_21254420.jpg


野生の鳥に感情移入しない方ですが、かわいらしいというより、愛くるしいと思える鳥なのです。

d0103699_21271362.jpg
d0103699_21272528.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-05-21 21:27
2008年 05月 17日

アカゲラ

アカゲラを見ることができました。

後頭部が赤いのが♂です。
d0103699_7474136.jpg

こちらが♀です。
d0103699_7265372.jpg


枝にとまり・・・
d0103699_729686.jpg

飛び出しました
d0103699_7293873.jpg


そして木にできた洞にたまった樹液を舐めに来た♀です。

d0103699_7485447.jpg


そして♂も
d0103699_7304814.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-05-17 07:49
2008年 05月 14日

アトリ

d0103699_21513984.jpg


アトリ♂の夏羽は頭が真っ黒です。
この写真は冬から夏へ換羽中でごま塩頭になっています。
d0103699_2149944.jpg
d0103699_21492227.jpg

お腹はこんなになってます。

d0103699_2150662.jpg



「自然を撮る」の植物編を別ブログにしました。
←にリンクがあるので見てやってくださいね。
[PR]

# by neontetran | 2008-05-14 21:50 | アトリ
2008年 05月 10日

イカル

-お知らせー
「自然を撮る」は鳥、虫、植物、小動物を対象にしてきましたが、今回植物と動物を分けることにしました。
新しいブログ「自然を撮るー植物編ー」もよろしくお願いします。

リンクは←左下のエキサイトブログの中にあります。

植物編ではコメントは設定していません。
植物編でのご質問等もしあればこちらの動物編でしていただいてかまいませんのでどうぞお気軽に。




鳥を撮り始めた頃、イカルとシメを間違えてました。

顔の半分だけが濃い紺色、黄色い嘴が鮮やかなイカルを森で見ました。
d0103699_17292048.jpg

羽は黒、白、青、灰色のコンビネーションです。
d0103699_1731818.jpg


d0103699_17314840.jpg


d0103699_17323893.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-05-10 17:32 | イカル
2008年 05月 08日

ノビタキ

今年初めて出会うノビタキです。

高原はまだまだ枯れたイネ科の植物の色がメインですがその中に新緑が日に日に勢いを増す季節です。

d0103699_21201496.jpg

ノビタキも繁殖の季節を迎えていました。
あちこちで数羽のオスがメスの周辺で争う姿が見られます。
そして縄張りの宣言でしょうか、木や草の天辺にとまるオスが
d0103699_21224063.jpg
頻繁に見られるのです。
d0103699_21213166.jpg
d0103699_21215782.jpg

こちらは落ち着き払った♀です。
近づくことができませんでした。

d0103699_21285231.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-05-08 21:23 | ノビタキ
2008年 05月 03日

ハヤブサ

断崖の上空を飛ぶハヤブサを見ました。
d0103699_9352188.jpg

滑空しながら時々羽ばたきます。

d0103699_9354010.jpg


断崖に作った巣から飛び立ちます。
太くて逞しい足と爪で空中の小鳥を蹴り殺すといいます。
d0103699_9383385.jpg

そして滑空
d0103699_9392470.jpg


ツグミ大の大きさの鳥を捕まえて食べています。
d0103699_9403553.jpg


最後に飛翔をもう一つ。
d0103699_9413012.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-05-03 09:49 | ハヤブサ
2008年 04月 26日

ホオジロ

ホオジロが枯れ枝に止まっています。
良く見られる鳥なのですが、近くで鮮明に撮れる機会に恵まれなかったのです。
メスですね。
d0103699_8444818.jpg

こちらは黒がはっきりしたオス。
d0103699_8453142.jpg


雪の上でしきりに草の種を探しています。
二月に撮りました。
ユキホオジロですね(笑)
d0103699_848121.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-26 08:49 | ホオジロ
2008年 04月 23日

ウソ

この冬はついにウソを平地で見ることができませんでした。
それではとこちらから出かけた高原・・。

到着するとすぐにフィー!フィー!という優しい鳴き声。
去年の夏に高山で会って以来のウソです。

ウソは口笛のこと、そしてフィーという鳴き声は口笛にも聞こえるのです。

帰って見てみると♂ばかり撮っていました。
d0103699_20375923.jpg
d0103699_20383854.jpg
d0103699_2039674.jpg


ミルクコーヒー色のシックな♀です。
d0103699_2040114.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-23 20:48 | ウソ
2008年 04月 19日

ツマキチョウ

春の野原に飛び交うシロチョウの仲間。
モンシロチョウ、スジグロシロチョウはこれから秋にかけてずっと見れるシロチョウです。
それに対して春だけで姿を消してしまうのがツマキチョウです。
雄の翅の先(ツマ)オレンジ色(キ)の色から来た名前です。
d0103699_20181451.jpg

d0103699_20276100.jpg


こちらは♀です。
翅を閉じると緑の迷彩になっています。
d0103699_20211994.jpg


♀を撮っていると♂が近づいて来ましたが♀はお尻を上げて交尾拒否です。
これは既に交尾が「終わっているよ」というシロチョウの仲間の合図なのです。
d0103699_20243661.jpg

♂はあきらめて去って行きます。
d0103699_20251892.jpg


しばらく♀を追ってみました。
するとタネツケバナに産卵を始めました。
d0103699_20283751.jpg


生まれた幼虫はタネツケバナを食べ春夏冬を過ごして来年の春羽化するのです。

d0103699_6201020.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-19 20:29 | ツマキチョウ
2008年 04月 16日

ムラサキハナナ

ムラサキハナナは観賞用に近年広く栽培されるようになりました。
こぼれダネで増えて強いので色々な所で増えています。
公園や土手、線路脇や畦と6月頃まで紫の花を楽しませてくれます。

ハナダイコン、ショカッサイ、オオアラセイトウとも呼ばれていますが厳密に同一の品種なのかは確信がないのです。

春のチョウ、ツマキチョウの食草でこの花を見る度にツマキチョウを探すのです。

d0103699_22575390.jpg
d0103699_22581047.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-16 22:58 | 草木
2008年 04月 12日

チョウゲンボウ

チョウゲンボウの交尾を撮影することができました。


メスが高い場所で鳴いています。
オスを呼んでいるのです。
ぴー!!!! ぴー!!!という大きな甲高い声です。
d0103699_701923.jpg

メスが鳴き出すと30秒もしないうちにオスがやってきました。
d0103699_714723.jpg

交尾はあっという間に始まりました。
オスがメスを傷つけないように足をグーに握っているのが写真から良くわかります。
d0103699_7315.jpg

10秒程で終わりました。
d0103699_781870.jpg



オスがまず飛び立ち
d0103699_743772.jpg

メスも・・・
d0103699_751415.jpg


やがて抱卵が始まり、雛が生まれるころまた会って見たいチョウゲンボウでした。
[PR]

# by neontetran | 2008-04-12 07:06 | チョウゲンボウ
2008年 04月 09日

イチゲの仲間

早春に咲くイチゲの仲間です。
まだ枯れ葉色一色の沢沿いの土手に白い花を咲かせています。
渓流を吹く風はまだ冷たく、日が翳ると肌寒いのです。

早春に咲く花は花粉を運ぶ昆虫を独占して確実に実を結ぶ手法を編み出したグループです。
かろうじて目に見えるほど小さいハムシ(甲虫)やアブが花粉を運ぶのです。

ユキワリイチゲ
d0103699_2123048.jpg




キクザキイチゲ
d0103699_21233587.jpg




アズマイチゲ
d0103699_212413.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-09 21:24 | イチゲ
2008年 04月 06日

ゴジュウカラ

標高1600mちかい八ヶ岳高原。
さっと木の裏に回った鳥の姿・・ここら辺に多いコガラかなと思いました。
けれどもコガラが木の幹にとまるのは見たことがないのです。
カメラを幹のそのあたりに構えて待っていると・・・・・上半身がでました。
ゴジュウカラです。
d0103699_747131.jpg


するとすぐにクルっと全身が出てきましたがお腹を見せています。
私の見た図鑑ではこの尾羽の裏の茶色と白のチェック模様は載っていなかったです。
d0103699_7482094.jpg

やっと普通の姿勢が撮れました。
過眼線が嘴に対してやや下向きに接しているため嘴が上に反ったように見えるのが面白いです。
d0103699_8422376.jpg

d0103699_7563379.jpg

逆さまの姿勢も良く取ります。
d0103699_7573165.jpg

正面から見ると黒くて細いアイマスクをしているのです。
d0103699_7583169.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-06 07:58 | ゴジュウカラ
2008年 04月 02日

アイスランドポピー

d0103699_2143589.jpg


d0103699_21375821.jpg



アイスランドポピーは別名シベリアポピーとも言われます。
いずれの名前も示すようにシベリア等の寒冷地を原産としているため、寒いのが好きで早春に花を咲かせます。

d0103699_21292238.jpg

その花弁は薄い紙細工のような繊細なものです。

d0103699_21402185.jpg

蕾もとても愛嬌が合って興味がつきないのです。
d0103699_2145717.jpg


ミツバチには花の少ない時期のごちそうです。
d0103699_2130401.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-04-02 21:30 | アイスランドポピー
2008年 03月 29日

ミソサザイ

春の渓流の花、ハナネコノメを探して沢を歩いていると、目の前を茶色の影が通り過ぎました。
瞬間ミソサザイ!とわかりました。
ミソサザイは日本で二番目に小さい野鳥です。(一番ちびはキクイタダキ)

その日は花用のマクロレンズと花用の三脚しか持っていませんでしたが場所を良く覚えて帰りました。

翌週しっかりと機材を整えて同じ沢を上り、鳥を待ちました。
すると30分ほどでチャッ!チャッ!というウグイスの笹鳴きのような地鳴きが聞こえミソサザイがやってきました。
目の前3mです。
d0103699_21343395.jpg



尾羽をピンと上げたお得意のポーズ。

d0103699_21355634.jpg


止まるたびに確認するように口を開けて鳴きます。

d0103699_21371361.jpg





正面を見せてくれます。

d0103699_220958.jpg



2mまで寄ってきてくれました。
d0103699_16345110.jpg

沢の流れる水音とシジュウカラの鳴き声意外は何も聞こえない渓流・・・ついに他の人間の姿を見ることはありませんでした。
[PR]

# by neontetran | 2008-03-29 16:40 | ミソサザイ
2008年 03月 26日

ホトケノザ

ホトケノザが春を彩ります。
くすんで白茶けた水田が花畑に変わります。
d0103699_21363389.jpg


その葉の様子が仏像が据わっている蓮華座のように見えることからその名前が付きました。

d0103699_21383136.jpg

道端にも生える春の雑草なのですがその花を良く見てみるとその美しさに心が動きます。
d0103699_2252840.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-03-26 22:06 | ホトケノザ
2008年 03月 22日

ルリビタキ

ルリビタキ♂はアップしましたので今回はルリビタキの♀です。
♂の青も綺麗ですが♀もなかなかの色彩感覚です。
d0103699_23231588.jpg

♂のような全面の青い背中ではないですが尾は青くなります。
d0103699_2325287.jpg

もう一枚前から・・・
d0103699_2326943.jpg

後姿
d0103699_23264085.jpg


そしてこれは若鳥・・多分♀ではないでしょうか?
d0103699_23281960.jpg

[PR]

# by neontetran | 2008-03-22 23:28 | ルリビタキ♀
2008年 03月 19日

ベニマシコ♂

湿地の対岸の木にベニマシコを見つけました。
♂です。マシコというのは猿のことです。
赤い羽根の色が猿の赤い顔に似ているとして付いた名前です。
d0103699_2148266.jpg

こちらに飛ん来て枯れ枝に止まりました。
d0103699_2155351.jpg

マシコとつく鳥は他にもハギマシコ、オオマシコがいますがその中でも赤い色が強いからベニと呼ばれるのでしょうか?
低い木に移って、草の実を食べています。
d0103699_21575749.jpg

こちらは別の場所で大好物のセイタカアワダアチソウの実を食べています。
d0103699_21594975.jpg

カメラに気付きました、ファインダー越しに目が合いました。
d0103699_221152.jpg

気にせずに5分くらいは食べ続けて去って行きました。

次回は♀をアップします。
[PR]

# by neontetran | 2008-03-19 22:02 | ベニマシコ